お知らせ・新着情報

『家を建てる』職人さんが不足!

文化の日の振替休日となった11月4日(月)。
市内川口の国道105号線沿いにある、「秋田ハウス株式会社」の本社を訪問させていただきました。
お忙しいところ、丁寧にご対応いただき、ありがとうございます!

 

11月に入ったばかりとはいえ、スーツの上に薄いコートを羽織りたいような、でも外にいるのが短時間ならいらないような、、、微妙な寒さ。
灰色の雲がパラパラと雨を落としたかと思うと、急に真っ青な空が現れて、でも西の方にはまた灰色のどんよりとした雲がいる。
時折日が差すこともあった、気まぐれな天気の日でした。

 

秋田ハウスの住宅は、自由設計。つまり、一棟一棟オーダーメイドなので、お客様のご要望を最大限にかなえるため、日々スタッフが奔走しているそうです。
また、火災や災害に強い「安全性」、健康・快適に過ごせる「居住性」、メンテナンスフリーで長持ちの「耐久性」の、3つのこだわりをもって住まいを提供しているとのこと。
大変なこともたくさんありますが、家が完成したとき、お客様が満足してくださったときなど、達成感はたまらないものがあり、大きな喜びを感じられるとのことでした。

また、秋田ハウスの特徴として、『レンガ積みの家』があります。
(今のレンガは、赤色だけではないそうです!)

気密性・断熱性に優れていて、年間を通して快適に過ごせるほか、外壁の耐久性も高く、なんと、メンテナンス不要(!!)。
一番人気なんだそうです。

 

レンガ職人の専門スタッフがいる事業所はめずらしく、未経験者でも、現場で育てているとのことでした。

家を建てるには、レンガ職人だけでなく、いろいろな技術を持った「職人さん」たちの力が必要です。
しかしながら。
本地域の建設現場で働く職人さんは、どんどん少なくなっていて、人手不足が深刻なんだそう。
このままでは、市内に建物を建てることができなくなってしまうのではないかと危惧していると伺い、大変驚きました。

外の現場は、暑い・寒いなど環境が厳しく、重いものを運ぶというような地道な力仕事で、大変なもの。
気軽に「やってみたら?」とは言えません。
一方で、完成したときの喜びや、携わった仕事に対する誇りを伺うと、やりがいのある仕事なのではないかと感じます。

体力に自信のある方、真面目な方が向いているそうです!
興味がありましたらご一報ください!! お待ちしています。

その他のInformation

See More