白詰草、赤詰草

そこかしこで見かける白詰草(シロツメクサ)。よく三つ葉のクローバーなどとも言われていますね。

また、白詰草より一回り大きな花を咲かせる赤詰草(アカツメクサ)も、頻繁に見かける植物です。

これらは、江戸時代に海外からガラス器を持ち込む際、割れ防止のための詰め物として用いられたことから「詰草」と呼ばれ、それぞれの花の色からシロツメクサ、アカツメクサ(ムラサキツメクサとも)と名付けられたようです。

ところがまれに、アカツメクサなのに白い花を咲かせる個性派がいます。

 

このような花は「シロバナアカツメクサ」と呼ばれたりするわけですが・・・その通りのネーミングなのですが、何とも釈然としないのはわたしだけでしょうか。

【記事:みひろ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

風車のある風景

次の記事

ヒグラシの声