霧氷

先日、朝方とても冷え込んでいろんなものが凍っていました。

また、朝日に照らされて木々が白く輝いていました。霧氷です。

デジタル大辞泉によると、「気温が氷点下のとき、樹木や地物に、空気中の水蒸気や過冷却の水滴が吹きつけられて昇華または凍結してできる氷。生じ方により樹霜・樹氷・粗氷に分けられる。」と解説されていますが、これはどれに分類されるのでしょうか。

太陽に照らされるとすぐに溶けてしまうので、朝の短い時間にだけ楽しめる希少な風景です。

【記事:みひろ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください