第2弾 西目パワースポット!

由利本荘市西目地域の潟保(かたほ)地区は「わい化りんご」の産地として有名。
りんご栽培が盛んな潟保地区ですが、とても珍しい風習が残る神社、巨木があるパワースポットとしても実は有名。
先日、訪ねてみました。

参道から神社入口がこちら。なんだか天狗でも出てきそう!
神社入口脇には石柱。
階段を登り境内へ。立派な社殿がありました。こちらが今回ご紹介する「潟保八幡神社」。
立派なしめ縄がとても印象的でした。
こちらが市指定天然記念物となっている「ケヤキ」。推定樹齢770年、高さ18m、幹回りが5.7m。大迫力ですが、現社殿建築の際に3m埋めたそうで、埋没した幹を含めると21mあるようです。神社祭典時にはこのケヤキの枝に草鞋(わらじ)をかける風習があるそうです。

 

境内がとてもきれいにされていて、氏子のみなさんから大切にされていることが伝わってきました。
ケヤキの巨大さに圧倒されましたが、その生命力の強さになんだか元気をいただきました。
次回は、お祭りのときに草鞋がかかっているところを見てみたいと思います。
素晴らしい地域の宝です。

///// 文:長谷部浩司 /////

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください