「ここわき」のあるまち①

お試し移住体験住宅等複合機能施設「ここわき」がある石脇字石脇地区は、北前船の寄港地として古い歴史とその面影を今も残しているまちです。そんな石脇をシリーズで少しずつご紹介していきます。第1回目は晴天に朱色が映え、すこぶる目のひくいくつもの鳥居、こちらの稲荷神社です。

こちらの神社のある石脇中町町内の会長さんに由来をお尋ねしたところ、残念ながら書物が残っておらず、詳細については不明とのこと。
ただ近所の方で個人的に知っている人はいるのではないか、とのことでした。
ますます興味が湧いてきます。
ご縁を感じ、まずは参拝です。

いくつもの鳥居をくぐり抜けると階段が。
小高い山頂にお社。まるで川を往来する船を見守っているような。


振り返れば壮快な景色!気持ちいい!

今後、由来について調べていきたいと思います。こうご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください