8組目の移住者は、由利本荘の訛りを聞いて「ニンマリ!」

IMG_2085

とても素敵な田邊ご夫妻

8組目の移住者となる田邊鑑人さん(50)・正子さんご夫妻が転入のごあいさつに来てくださいました!ありがとうございます!田邊さんご夫妻はどちらも東京都のご出身。昨年(H27)5月に開催した「移住まるごとミーティング」がご縁でお付き合いをはじめさせていただきました。奥様の正子さんのお母様が由利本荘市のご出身ということで、ご夫妻ともに以前から度々由利本荘市を訪れていたようです。そんな中、ご主人鑑人さんが今後のことを考えたとき、気持ちにゆとりのある生活をしたいと考え由利本荘市への移住を決められました。

本日、久しぶりにご夫妻とお会いし、ご主人鑑人さんの表情が温和になったことに仕事づくり課一同驚きました。これまでの鑑人さんは、失礼ながら表情はいつも硬く、厳しい表情のイメージでしたが、今日の鑑人さんは終始にこやかで、その理由を尋ねずにはいられませんでした。奥様曰く「本荘に引っ越してきてからずっとこんな調子。お店に入り、店員さんの本荘訛りを聞いているだけで顔がニンマリしているのよ。」とのこと!本荘は人が温かく、移住の決意したのはその点が大きかったようです!なんとも嬉しいお話しです。そう!由利本荘はほっくり温かいんですよ。鑑人さん、これからは聞くだけでなく、本荘訛りを話せるようになってくださいね。私達が指導しますよ!