「矢島」暮らしを体験!

H29.2.10~12は、『由利本荘 冬の里山で「はたらく・暮らす」ツアー』でした。今回のツアーのテーマは「冬の里山」、そして「はたらく・暮らす」です!冬の里山の寒さ、積雪を感じながらはたらく、そして地域住民と交流していただくことが狙いです。今回参加してくださったのが小野省吾さん(埼玉県)と藤田嘉洋さん(埼玉県)のお二人です。

【1日目】
初日はオリエンテーションと雪寄せ体験。
オリエンテーションでは、由利本荘市、そして矢島地域の紹介、就労体験受け入れ企業の概要説明、そして雪寄せ体験受け入れ町内から設立経緯や活動について紹介があり、熱心にお聞き頂きました。雪寄せ体験は、「田中町除雪共助会」の皆様からご指導いただきました。水分を多く含む雪にはじめは苦戦していましたが、雪寄せのポイントを指導頂くと、後半は徐々にコツを掴み、上手にこなしていました。これで雪国の除雪はばっちりです!
ふとあたりを見渡せば、矢島のまちなかは翌日からの「酒蔵開放」でお祭りムード!矢島駅前広場には雪の灯籠が作られ、日が沈む頃には灯籠に灯りがともされ、なんとも幻想的な雰囲気でした。雪寄せの体験の後は、慰労を兼ねて田中町除雪共助会のみなさんと「かんぱ~い!(笑)」。遅くまで盛り上がったようです!

【2日目】
2日目は就労体験。今回お二人とも酒蔵をチョイス!お世話になりますのは、「天寿酒造㈱」様です。打ち合わせのあと早速作業現場へ。まず二人は、朝しぼりの瓶詰め作業のお手伝い。優しい社員さんから丁寧に教わり、手際よく?こなします。その後は、受付案内やイベント補助などを丁寧に、ノリノリで楽しくこなしていました!

【最終日】
最終日は、空き家内覧と先輩移住者との交流、そしてツアーの振り返りをしていただきました。今回のツアー、お二人にとってそれぞれ印象が異なったようですが、とても楽しかった、新たな発見をした、は共通の感想でした。

小野様、藤田様、矢島地域、由利本荘市はいつでもお二人をお待ちしてますよ。ぜひ、違う季節に由利本荘市にお越しください!