移住者の声 その14 今野久さん(67)の場合

IMG_3206

自宅前にて

氏名:今野久さん(67歳)
所在:本荘地域

<移住した時期>
平成27年11月

 移住のきっかけ、決めた理由>
妻を亡くし気持ちの整理がつかずにいた頃、東日本大震災が起き、被災地に復興支援のお手伝いに行った際、その参上を目の当たりにして、このままではいけない、自分の生き方を見直そうと思ったからです。その後認定NPO法人ふるさと回帰支援センター出向き情報収集、そんな時由利本荘市役所職員との出会いがありました。

 <由利本荘市住んでみての印象は?>
私は旧本荘市石沢の出身で、高校を卒業してすぐに首都圏の会社に就職しましたので、約48年ぶりにふるさとに住むことになりました。48年ぶりのふるさは当時の風景とは一変していました。公共交通は不便を感じますが、道路も整備され車さえあれば問題ありません。

IMG_3209<今、取り組んでいることは?>
ボランティア活動として、実姉とともに介護施設などへの慰問をしています。
そのほかは、家庭菜園や釣りなどもしています。

<移住するときに苦労したことは?>
住居探し:希望にあう家賃や広さの家がなかなか見つからなかった。
引っ越し:実兄と自分とでしたので辛かった。
仕事は、「仕事づくり課」からお世話になり、すぐに見つかりました。

 移住してから苦労したことは?>
移住して約8ヵ月。久しぶりに由利本荘の冬も体験しましたが、雪が本当に少なく、除雪は今シーズン2回しかしませんでした。特別苦労はありません。

移住して良かったとこと、嬉しかったこと>
豊かな大自然のおもてなしに大満足しています。首都圏で暮らしていた頃より体調が良くなりました。

IMG_3215<由利本荘市のお気に入りのスポット、おいしい食べ物、魅力的な人は?>
家から見える鳥海山。採った山菜や釣った魚が最高!

 移住・定住を考えている人へメッセージ>
都会の喧噪から離れ、静かで、地味で、少々不便な田舎暮らし、豊かな大自然のおもてなしで心を癒やし、真の自分(家族)の幸せ=ぜいたくを手にしてみませんか。

<由利本荘市へ一言>
雇用対策(住居を含む)
医療・介護の充実
子育て(教育)環境の充実

<今後のライフプランについて>
出来れば一緒に旅行に行ったり、食事に行ったりする相手が居ればなー(笑)

IMG_2171

PAGETOP