移住者の声 その10 小高慶彦さん(31)・文子さん(30)ご家族の場合

IMG_1242氏名:小高慶彦さん(年齢31歳)・文子さん(年齢30歳)
所在:西目地域在住

小高さんご一家は、ご夫妻と娘さん(2歳)の3人家族。今年6月に市仕事づくり課が携わって移住をされた第1号のご家族です。結婚後、年に数回にかほ市ご出身の奥様の実家に帰省するごとに由利本荘・にかほ地域が気に入り、子どもを育てるならこの地域と決め、お子さんの誕生を機に移住されました。移住されて4ヶ月、由利本荘の暮らしはどうでしょうか。

<移住した時期>
2015年6月
<移住のきっかけは?>
子供をのびのびと育てたかったのと、秋田が好きだったので
<由利本荘市に住んでみての印象は?>
思ったより田舎(笑)。住んでいる町内の人が温かい、とても親切で気にかけてくれる。

<今、取り組んでいることは?>
町内会の行事に参加する、近々消防団に加入させていただく予定。

<移住するときに苦労したことは?>
住居の手配、手続き(一本化していないので)

<移住してから苦労したことは?>
市役所関係の手続き、ゴミ出し等のルール(都内とは違う)

<移住・定住を考えている人へアドバイス>
まずは信頼できる市役所の職員の方がいたら、その職員と直接やとりをするのが一番いいと思います。ちなみに自分も担当してくれた職員のサポートで助かりました。それから素晴らしい自然に魅力を感じて住むというのも良いですが、地域の人との交流、これが一番大切なことだと思います。やっぱり魅力ある町は、魅力のある人がつくると思うので。

<由利本荘市へ、または自分のライフプランについて一言>
由利本荘市は、海もあり、山もあり、自然が豊かで本当に素敵なところだと思います。2日間で街を体験するツアーなど移住者むけにあれば良いと思います。自分はこの土地でしか出来ない暮らしをする、特に子育て。地元に根差した町おこし(イベントや祭り)を今までのものはより大事にし、更に新しいものを作っていく。地域の人たちと交流し、一緒に盛り上げていく。この土地の人、特産物、日本酒をアピールする会社を作る(そして、色々な人と交流できる場を作り、都内などに発信し、活性化させる)

【取材を終えて】
当課がサポートさせていただいたご家族とのことで、慶彦さんとは不定期ながら暮らしぶりについて連絡を取らさせていただいております。地域に溶け込もうと積極的に町内活動にも参加、本荘地域で開催された「本荘八幡神社祭典」にご家族で参加された小高さんご家族。

 

PAGETOP